HOMA cise

北海道の冬は、あたたかい。

アイヌ語で「家」という意味を持つ『cise(チセ)』。
シンプルで美しいデザインはそのままに、断熱性能を極めたHOMAの寒冷地仕様住宅です。
北海道の厳しい冬にも耐えうる強くあたたかな住まいは、住む人をやさしく、おだやかに包み込んでくれます。

真冬は日中でも氷点下の日が多い北海道。この極寒の地で『HOMA cise』は誕生しました。
冬の厳しい寒さから暮らしを守り、あたたかく快適な住まいを提供したいという思いから、
これまでにない高い断熱性能を実現した『HOMA cise』。寒冷地にはもちろん、すべての住まいに心地よさを届けます。

寒冷地Ⅰ・Ⅱ地域に対応

環境への負荷を減らし、エコで快適な暮らしを実現するために定められた「住宅の省エネルギー基準」。冷暖房費などのコスト削減や耐久性の向上といった住まいの省エネルギー化に向け、より高い断熱性能が求められています。

『HOMA cise』は、住宅の省エネルギー基準の地域区分Ⅰ・Ⅱに該当する寒冷地域に対応可能な高断熱・高気密の住まいです。季節や地域を問わず、24時間いつでも心地よい空間を提供します。

北海道仕様の高い断熱性能

「冬でもTシャツ一枚で過ごすことができる」といわれる北海道の家。その理由のひとつが高い断熱性能です。『HOMA cise』は、住まいをまるごと断熱材で覆って隙間をなくし、しっかりとした防湿・気密層などを設けることで、室内のあたたかい空気を逃しません。

また、断熱性能を最大限に発揮するためには、確かな設計・施工技術が必要です。HOMAの住まいは、建築家の豊富な知識とアイデア、熟練した職人の技によって、ひとつひとつ丁寧に、確実につくりあげていきます。

自然と豊かに暮らす

素材にこだわった家づくり

『HOMA cise』は、材料の一部に地域材や道産材を取り入れています。輸入材に頼るのではなく、安心・安全な国産材を使用することで、環境や暮らしにもさまざまなメリットが生まれます。

たとえば、輸入材は輸送距離が長いことからコストがかかるうえ、CO2の排出量も多くなります。国産材の需要を増やすことによって、コストや環境負荷の削減が可能になるほか、林業や地域経済の活性化にもつながります。
HOMAは家づくりを通して、一歩ずつでも確実に、地域や暮らしに貢献していきたいと考えます。

HOMAでは、スタイルやプランに合わせて最適な材料を選び、使用しています。『HOMA cise』においても国産材、地域材に加え、北海道の自然が育んだカラマツ材などを取り入れ、環境に配慮した家づくりを心がけています。

人にも暮らしにもやさしい住まい

断熱性能の向上で、増えるメリット

『HOMA cise』がめざしたのは、季節によって、場所によって、時間によって変わることのない快適な空間。HOMAの特長であるシンプルで洗練された外観、可変性のある使いやすい間取りはそのままに、北海道仕様の高い断熱性能をプラスし、見た目にも機能的にも優れた住まいを実現しました。

また、断熱性能の向上は、人にも住まいにもやさしい空間を生み出します。高い断熱効果によって部屋間の温度差が少なくなり、体への負担を減らすことができます。さらに、結露やカビの発生を抑えて建物の劣化を防ぐほか、ランニングコストやイニシャルコストを大幅に削減することも可能です。